健康増進

気になるお腹

仕事も始まりもうバタバタした毎日を過ごしています。

毎年仕事始めの週はお客様に「お正月三が日お餅を合計いくつ召し上がられましたか」と質問をしています。これはレッスンの最初のつかみであり、皆さん楽しそうに答えてくださいます。私はお餅は1個にし、おせち料理など他のものをたくさんいただきました。食べると力も湧いてきます。ただし、エネルギーを摂り過ぎて消費できなかった分は脂肪に変わります。その脂肪を燃焼をさせるには有酸素運動が効果的で、体をひきしめるにはレジスタン運動(筋肉に負荷をかけて行う)が効果的です。

思いっきり食べたその後、お腹が気になるという方いらっしゃいませか。2月にお腹ひきしめ運動の講座をオンラインにて行います。ここではレッスン形式で呼吸や姿勢も意識しながら腹筋をしっかり意識して使えるようにしていきます。
私は腰痛になったきっかけで様々なトレーニングを行っていたところ、腰痛予防にプラスして以前よりお腹がスッキリしたことに気がつきました。若い時よりお腹がひきしまっていたたのです。腹筋運動の種類はたくさんありますが、その腹筋をしっかり使えるようになったということです。お客様の中で出てきたお腹が気になるという方が一番多くいらっしゃったのもあり、経験を生かしてお伝えしたいと思いました。今も実際に受講してくださっているお客様の中で、1か月間でウエストがマイナス2cmの方もいらっしゃいます。激しい動きではなく例えばお腹を膨らませたりへこませたりと、どちらかというと地味な動きです。その地味に動かしながら腹筋の動きの意識を高めていくので、運動をあまりしていない方でも安心して行っていただけます。

この講座の詳細はまたお知らせでお伝えいたします。そして、お腹ひきしめ運動に関することも記事にてお伝えしていきますのでお読みいただけるとうれしいです。

ABOUT ME
平田 智子
気がつけば、運動指導が30年以上続いており、自分でもびっくり。その間に怪我も体験し、健康のありがたさを実感しました。水中、陸上の両方で「いつまでも快適に動ける体を!」をモットーに、体づくりをサポートさせていただいています。