健康増進

おしり歩き

快適な体づくりのお手伝いをする、平田智子です。

スポーツクラブのお客様で「復帰しました」という方が増えてきました。
やはり体を動かす方が、体調がよいという声をよく耳にします。
私も動いている方が、血流がよくなり、体の調子も気分も上向きになります。(気分が上向きになるのはホルモンが関係しています。)
ただ、スポーツクラブへ行く時間がない、また行くには気合いが必要と感じるので、1人で運動したいというあなたのために、カンタンにできる運動をこちらで紹介しています。

今回は、「おしり歩き」です。
このおしり歩きは床やマットの上を歩くだけ。
お腹やおしり、骨盤まわりの筋肉を使うので、お腹ひきしめや腰痛予防につながります。

①床(マット).たたみ、絨毯のうえで背筋を伸ばして座る。
(床の上はヨガマットなどを使用した方がよいです)
骨盤の下の部分に手をあてると、先がとがった骨(座骨)があり、その先端をマットにのせる。(骨盤を起こした状態)

②脚を前に伸ばし、その場で骨盤を片方ずつ上下に動かす。
右側骨盤を肋骨に近づけ、ゆっくり下ろす。左側骨盤も行う。

③上記の動きができたら、次に腕を動かす。
ひじを曲げ、前後に振る。歩いている時と同じように、骨盤と共に腕も振る。

④次に前に進む。
骨盤を座骨がマットから浮くか浮かないかぐらいまで持ち上げ、そのまま少し前に出してマットに下ろす。
右側の骨盤を上げて前にだしたら、反対側の左腕を前に振る。左側の骨盤も同様に動かす。

まずは、動いてみましょう。
マット1枚分前へ進み、そして後ろへさがる。
お腹に力をいれて、息をはきながらゆっくりじっくりと、姿勢も意識しながらおしりで歩いてみましょう。
じんわりと体があつくなってくると思います。まずは、この1往復から始めてみませんか。

ABOUT ME
平田 智子
気がつけば、運動指導が30年以上続いており、自分でもびっくり。その間に怪我も体験し、健康のありがたさを実感しました。水中、陸上の両方で「いつまでも快適に動ける体を!」をモットーに、体づくりをサポートさせていただいています。