ふみちゃんのつぶやき

父の日に想う……高齢者への寄り添い方

運動指導者の働き方改革を推進する、池田扶実子です。

ここ最近の3回は「高齢者指導について」記事にしてきました。
(ご覧になりたい方はコチラから)

自分の仕事として「高齢者指導」を行い、間近に父の生活を見ながら、父から沢山のことを学ばせて貰いました。

歳を重ねるごとに、辛くなる動作・出来なくなること・精神的なもろさを、父を通して見ていました。

もちろん、お客様は同じような歳であっても「個人差」があり、同じだとは考えてはおりません。しかし、学ぶことは沢山ありました。

父は、私がどのような仕事をしているのか知っていながら、言うことは余り聞きませんでした(苦笑)

毎朝、お友達と喫茶店に行く父は、そこで同じ年齢の方々と色々な話をし、また共有・共感していたようです。「誰々がこう言ってたから、一度やってみるわ」……私としては”あんぐり”です。

専門家である私を無視して、身近なおじいちゃんたちの話を信じて行動する(苦笑)私は今のなって思うのですが、同じような立場……身体の痛みや苦痛・悩みを共有できる人たちの言うことの方が、父にとってはリアルだったのだと…。

私が講師として”表彰”を受けたときでさえ「ふ~ん」でしたから(笑)

私が高齢者(主として、後期高齢者)の方々の信頼を得ることが出来たのも、父と共に生活し、父が何に困ることがあり、どのように気をつけて生活しているかを観察し、それを自身のお客様に当てはめて、こうかな?あ~かな?と試行錯誤して方法を考える・プログラムを構成することをしてきたからです。

父が何故、私の言うことを聞かずにお友達の言うことに耳を貸していたのか?

「どうせ、おまえにはわからん」

これに尽きるのだと思います。所詮、若い(若くは無いですが、父よりは若い)お前に俺のつらさや、しんどさは理解できないと言うことだと思います。

私は、高齢者指導においては絶対に行うこと……それは、何故これを行うのか?行わないといけないのかを説明することです。

それは何故か?

どんなに頑張っても、身体のつらさ・痛み・生活への支障は、頭で理解できても、感じることは出来ません。だからこそ、理由づけを大切にしています。

高齢者のお客様は、私よりも人生の先輩です。だから”専門家”としてアドバイスします。

常に”敬う”、今で言うリスペクトしています。その気持ちが通じると、お客様は、私を専門家として認識し、色々な話をしてくれるようになります。

そこでやっと”信用”が生まれ、積み重ねて”信頼”に変わります。

「がんばりましょう!」……
あなたはよく使いませんか?この言葉…。

うちの父に言わせれば、「頑張れ!というのは簡単やけど、やる方は大変やねんで」と返ってきました。

その通りです。

私には、父の身体のつらさや老いる恐怖は、理解できませんでした。

理解できる振りをするよりも、それを少しでも改善するための方法を論理的に、分かり易く伝えることを選びました。

これが私の寄り添い方です。

後書き……

今日は「父の日」ですね。

昨日が、父の3回目の月命日でした。

父を思い出して、今日の記事になりました。まさかに、今年の父の日に、父がいないなんて思わなかったことです。

今日の日を大切に、どうか素敵な「父の日」にして下さいね。

私は今、これを書きながら、父の仏前にスピーカーを置いて、好きだった演歌をずっと流しています。

素敵な一日をお過ごし下さいね。

ABOUT ME
池田 扶実子
運動指導者でありながら、身体を動かすことよりも考えることが好き。やりたいことを形にすることが大好き。 運動指導者として35年以上・教育者として30年、ここまでがむしゃらにやってきました。 仕事を終えるその日まで、指導者の働き方改革と人々の健康を発信し、応援し続けます。