健康増進

大切な腹筋

快適に動ける体づくりのお手伝いをする平田智子です。

「腹筋」お腹に力を入れることを忘れていませんか?
荷物が重く、移動中は「お腹に力を入れて歩かないと」と思い気をつけています。なぜお腹に力を入れて歩かないといけないかというと、お腹を引き締めることで、腰痛を予防できるからです。
知らず知らずのうちに腰を反る姿勢になりやすい私にとって、重い荷物はかなり負担になります。
お腹ひきしめ運動を行いつつ、正しい姿勢とお腹に力を入れる意識アップを心がけています。
今回はまたカンタンにできる腹筋のご紹介です。

  1. 両脚をそろえて立ち、手を胸の前であわす
  2. 息を吐くと同時にお腹を引き締めて力を入れる
  3. 同時に手も押し合いっこする

この時の注意点は、息こらえをしないこと。正しい姿勢を保つこと。(座骨が下を向き、腰が前にも後ろにも反っていない状態。そこから頭にかけて背筋を伸ばす)
手の力よりも、1番にお腹に力を入れてひきしめること。
そして、歯をくいしばらないように。

まずは、10回×2セット行ってみましょう。
これからレジャーを楽しめる季節でもあります。快適に動ける体で存分に楽しむためにも腹筋をお忘れなく。

ABOUT ME
平田 智子
気がつけば、運動指導が30年以上続いており、自分でもびっくり。その間に怪我も体験し、健康のありがたさを実感しました。水中、陸上の両方で「いつまでも快適に動ける体を!」をモットーに、体づくりをサポートさせていただいています。