健康増進

身体をつくっているたんぱく質

ステップエクササイズで明日の元気をチャージするインストラクターの新城めぐみです。
昨日は、人のからだの約60%は水分でできているという話をしましたが、残りは何でできてるのでしょう?残りの15~20%はたんぱく質でできています。今日はこのたんぱく質について話したいと思います。

たんぱく質によって、筋肉や臓器・肌・髪・爪・体内のホルモンや酵素・免疫物質などを作り、栄養素の運搬をしています。
身体を作っているこのたんぱく質は、多数のアミノ酸が結合して出来ています。たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。

20種類のアミノ酸のうち11種類は体内で作り出すことが出来ますが、9種類は体内で作り出すことが出来ず、食事から摂取しなくてはいけないです。この9種類のアミノ酸を必須アミノ酸と呼ばれています。

身体を構成するたんぱく質は日々作り替えられています。という事は、アミノ酸を毎日食事から必要量をバランスよく摂取する必要があり、食事からのアミノ酸の摂取をおろそかにし必要量から不足していしまうと身体に様々な影響が及ぶことが考えられますね。

減量での過度な食事制限によりたんぱく質不足になっていることもあるかもしれません。
高齢者などは徐々に食事量が少なくなり、たんぱく質不足を招いているかもしれません。
けがや病気が原因でたんぱく質が低下している状態にあるかもしれません。
このようなたんぱく質の摂取不足をおこしていないか、今一度あなたの食生活を含め、確認してみてください。

口から食べたものが、あなたの髪や肌・臓器・血液・筋肉などになると思うと、食べないダイエットが身体に良くないわけが分かりますよね。まさに、『食べたもので身体はつくられる!』です!!
食べる事、食べるものの大切さを再確認して、身体に必要なものはしっかり食べて日々健康に過ごしたいですね。
次回はたんぱく質が多く含まれる食品とその食べ方について書きたいと思います。お楽しみに!

ABOUT ME
新城 めぐみ
STEP台という小さな四角い箱に出会って15年。無限に広がる動きのバリエーションや、それを必死で追いかける時間、気持ちよく動けた時の達成感や、汗をたっぷりかいた爽快感。そんな時間を皆さんとも共有し、明日への元気に繋がるひと時を過ごしたいと思います。