健康増進

身体を守る道具

こんばんは(^^)/今日も…素敵な一日でしたか?運動指導者の働き方改革を推進する、池田扶実子です。

今夜は仕事の帰り道に、歩いていた高齢者の方のシューズについて少し…気になったことがありました。

ウェアはシャツの上にウインドブレーカーにスウェットパンツと、ラフで動きやすそうです。仲良さそうな女性の2人組でした。

いつものごとく『足』に目がいきました。

シューズが少し大きいのかな?ゴソゴソしてる感じで、かかとが合っていないようでした。

ウォーキングを行うときは、着るものはなんでも良いのです。ただ通気性のあるものさえ着ていれば問題はありません。この時期はウインドブレーカーで、暑くなったら上着を脱ぐぐらいがちょうど良い感じだと思います。

ここで大切にして欲しいのがシューズです。

あなたのシューズは?いかがですか?

シューズだけは良い物を履いていただきたいです。あなたの足に合ったものを履いて欲しいです。これはすごく重要なことです。

足に合う…とはどういうことか?先ず、かかとが合っていることです。次に指が伸ばせること。足の甲の部分は締めすぎず、フィットしていることです。そして靴底の柔らかいものをオススメします。

靴の中で足が遊ぶと足が(ふくらはぎ)が疲れやすくなります。また指先がタイトなものは土踏まずが緊張し、足裏の機能が使えません。これも疲れます。また足の甲がフィットしすぎるのも足裏が疲れます。

そして靴底が硬いと土踏まずの機能が使えず、これも疲れてしまいます。

これらをクリアしてくれるもの……そんな靴なら快適にウォーキングが楽しめます。

足が疲れると運動が続かない。嫌になります。また膝が痛くなったり…
色々と問題が起きます。

すごく簡単に始められる運動ですが、靴だけは気を使って欲しいです!

歩いていると足が自然と動き、痛みも何も無い。そんな状態で歩いてくださいね。

ABOUT ME
池田 扶実子
運動指導者でありながら、身体を動かすことよりも考えることが好き。やりたいことを形にすることが大好き。 運動指導者として35年以上・教育者として30年、ここまでがむしゃらにやってきました。 仕事を終えるその日まで、指導者の働き方改革と人々の健康を発信し、応援し続けます。