健康増進

四つ這いでお腹ひきしめ運動

快適に動ける体づくりのお手伝いをする、平田智子です。

先日は、うつ伏せでのお腹ひきしめ運動をお伝えしました。
なんといっても気軽にできるというところでは、とてもお勧めです。
じっくり筋トレーニングを行っているレッスンでは、お客様もこれならできると・・・。
怪我や病気がよくなり回復時の時にも行いやすい運動の一つです。
今回は、そこからもう一段階レベルアップします。四つ這いお腹ひきしめ運動です。

  1. 肩の下に手首、股関節の下に膝を置き四つ這いになる
  2. 側面から見て耳と肩と脚の付け根が一直線を確認
  3. その姿勢を保ち、息を吐きながら内臓を持ち上げるようにお腹を徐々にへこませる
  4. 次は息を吐きながらお腹をへこませると同時に、背中と腰を丸める(猫が背中を丸めるように)

四つ這いできれいな姿勢を保ちながらお腹をへこませるのは、意識が必要なので、知らず知らずのうちにかなり集中していることと思います。また、腰が反らないように注意しましょう。
スタジオでは鏡で、オンラインでは画面で自分の姿を確認できます。家で行う場合は、ガラスなどに映る姿をちらりと確認できるのではないでしょうか。
地味な動きですが、体に必要な筋肉を正しく動かすことは大切です。10月からは新たにオンラインでのトレーニングクラスを始めます。
またこちらでもご紹介していこうと思います。

ABOUT ME
平田 智子
気がつけば、運動指導が30年以上続いており、自分でもびっくり。その間に怪我も体験し、健康のありがたさを実感しました。水中、陸上の両方で「いつまでも快適に動ける体を!」をモットーに、体づくりをサポートさせていただいています。