働き方改革

「集客」の前にすべきこと……誰に届ける?

運動指導者の働き方改革を推進する、池田扶実子です。

前回の私の記事では、「集客」をする前にすべきことに触れました。
気になる方はここをポチッとお願いします。

あなたは、毎日SNS投稿をしていますか?そのサイトでは、あなたのペルソナ(ターゲット)になる人たちが沢山集っていますか?

例えば、高齢者層を狙うとしたら?

高齢者の方々は、SNSを活用しているでしょうか?

60歳代ならいるかも知れませんが、70歳代……80歳代……どうでしょうか?

また、その年代の方は見つけたからやってみよう!参加しよう!となるのでしょうか?

答えは、NOです。なかなか新しいことに手を出せないでいるのが、シニア層ではないでしょうか?

では、その方々にあなたを見つけて貰うには、どうすれば良いのでしょうか?

それは、間接的な「口コミ」です。

家族……子供世代・孫世代へのアプローチはどうでしょうか?

その世代なら、SNS投稿で見つけて貰う可能性は……?直接、シニア層の顧客に届かなくても、その家族なら届くかも知れません。

では、その家族にアプローチするには?家族と言っても、子供世代と孫世代では、ものに対する考え方・見方が違います。

あなたなら、どちらの世代にアプローチしますか?子供世代?孫世代?

それによって、狙うべきサイトとアプローチが変わります。

先ずは家族に、”この人なら任せてもいいのかも?”と思って貰う仕掛け(アプローチ)が必要です。

このように、あなたの潜在顧客が誰なのか?によって、アプローチする対象が変わると言うことは重要なポイントです。

結局は「口コミ」……それも信頼できる相手からのものであればあるほど、参加率は高くなります。

これらのことを踏まえて考えると、様々なアプローチがあることを理解して頂けるのではないでしょうか?

次回は、あなたを知ってもらうために必要な情報とは何か?を記事にしようと思います。

お楽しみに……(^^)/

ABOUT ME
池田 扶実子
運動指導者でありながら、身体を動かすことよりも考えることが好き。やりたいことを形にすることが大好き。 運動指導者として35年以上・教育者として30年、ここまでがむしゃらにやってきました。 仕事を終えるその日まで、指導者の働き方改革と人々の健康を発信し、応援し続けます。