ダイエット

ダイエットに効果的な筋トレと有酸素運動の組み合わせ

ステップエクササイズで明日の元気をチャージするインストラクターの新城めぐみです。
運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があり、ダイエットにはこの2種類をバランスよく組み合わせることが大切。という事をブログにも書きました。https://if-planning.com/daietundou/
今回は、この2種類の運動を組み合わせた方がよいのはなぜか?どのように組み合わせたらよいのか?について書きたいと思います。

筋トレ(無酸素運動)を行うことで体内の筋肉量がアップします。筋肉量が増えると、基礎代謝があがります。基礎代謝があがると、脂肪燃焼効果も高まります。その状態で有酸素運動を行うとさらに脂肪燃焼効果を促進させることが出来ます。つまり筋トレと有酸素運動を組み合わせることで痩せやすく太りにくい身体つくりにつながります。また、ダイエットのリバウンド防止効果も期待できます。

そしてダイエット中の筋トレには、筋肉量を維持しやすくなる。という効果もあります。
有酸素運動は長時間やりすぎると脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまう可能性があります。そして、筋肉量が少ない状態で有酸素運動だけを頑張って行っても、さらに筋肉量が減少してしまう可能性があります。頑張っているのになかなか効果が出ない、という事になりかねません。筋肉量をキープするためには、有酸素運動にプラスして筋トレも行い、筋肉量を増やすことが大切です。

では、有酸素運動と筋トレの順番はどのようにすればよいのでしょうか?
ダイエットのトレーニング効果を高めるには『筋トレ→有酸素運動』の順番がお勧めです。筋トレを行うと、成長ホルモンの分泌が促されます。この成長ホルモンは、骨や筋肉の発達、疲労回復をおこなう働きがあります。それに加えて基礎代謝の上昇や中性脂肪の分解を促す作用もあります。先に筋トレを行い、成長ホルモンが分泌された状態で有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果がより高まります。

「筋トレ」と言うとむきむきマッチョなイメージがあり、ダイエットしたい女性には抵抗がある方もいるかもしれません。でもダイエットに必要な筋トレでは、むきむきマッチョになる事はありませんので安心してくださいね。それよりも「筋トレ」と「有酸素運動」を組み合わせることで、より効果的に『痩せやすくて太りにくい』理想の身体つくりに繋がります。「筋トレ→有酸素運動」でより効果的に日々のエクササイズを行いましょう。

ABOUT ME
新城 めぐみ
STEP台という小さな四角い箱に出会って15年。無限に広がる動きのバリエーションや、それを必死で追いかける時間、気持ちよく動けた時の達成感や、汗をたっぷりかいた爽快感。そんな時間を皆さんとも共有し、明日への元気に繋がるひと時を過ごしたいと思います。