健康増進

かんたん背中ほぐし

快適な体づくりのお手伝いをする、平田智子です。

ここ最近、資料作成などでパソコン作業を多く行っています。その作業で気をつけないとと思いつつ、作業に夢中になりおろそかになっているのが姿勢。そこからくる背中のこわばり予防についてお伝えします。

あなたは、パソコン作業を長く続けている時、どのような姿勢になっているか意識されたことはあるでしょうか。
私の場合は、パソコンの画面をよく見ようとして首が前に出ていました。
さらに疲れてきて猫背に。でも、作業が終わらないため、その悪い姿勢のまま頑張る状態でした。肩もコリますし、腰もこわばります。
おまけに、重い荷物を持つので、背中から腰の筋肉を少し痛めてしまいました(その後、すぐに治りました)

そして、パソコンとにらめっこしていると、目も疲れますよね。
目の周りの筋肉も硬くなり、目の上のおでこのあたりも硬くなり、その上の頭皮も硬くなっています。さらに、後頭部から首にかけてもかたくなっています。首から背中、腰にかけて硬くこわばってくるのです。
そのような状態が続いてくると、猫背のまま背中がかたまりそうな気がします。
そのような時に、簡単にツールを使ってほぐし、まずは猫背にならないように対策をお伝えします。
今回はレジスタンスボールを使用します(大きなボールです)

  1. ボールの上に座骨が真下に向くように座ります。(股関節、肩、耳が側面から見て一直線)
  2. 脚は腰幅で、つま先と膝を同じ向きで前に向ける。
  3. 不安定な場合は、ボールに手を添える。
  4. その状態から小さく弾み、慣れたら少し大きく弾む。

    鼻先を前に向け、おへそと恥骨を一直線にし、姿勢を正しい状態で弾むことがポイントです。

背中の筋肉が少しずつ、伸びたり縮んだりして血流もよくなり、こわばった背中も動きやすくなります。
三半規管が弱い方、乗り物酔いをされる方、食後は控えましょう。
ただ弾むだけですが、実は、いつの間にか腹筋運動にもなっているのですよ。

そして、デスクワークでどうしても腰や背中がこわばりやすい方は、この大きなボールに座って作業を行うことで、正しい姿勢を保ちやすくなります。
ボールが眠っているという方は、ぜひボールに座って正しい姿勢を作るところからでもはじめませんか。

ABOUT ME
平田 智子
気がつけば、運動指導が30年以上続いており、自分でもびっくり。その間に怪我も体験し、健康のありがたさを実感しました。水中、陸上の両方で「いつまでも快適に動ける体を!」をモットーに、体づくりをサポートさせていただいています。