働き方改革

オリジナルプログラムと戦略

運動指導者の働き方改革を推進する、池田扶実子です

以前の記事で、リアルにしろオンラインにしろ、仕事を増やして行くには自分の「オリジナルプログラム」が必要だと書きました。

武器を持たずに戦えません。では戦略は……?

あなたは、考えていますか?

ただ武器を持つ、磨くだけでは、宝の持ち腐れです。その武器をいかに有効に、効率的に使うかは、あなたの戦略次第です。

リアルの場合、あなたのオリジナルプログラムの対象が目の前にいるはずです。対象が決まっていれば、何に対して興味や関心があるのかを考えることで、プログラム内容はもちろん、戦略も立てやすいです。

オンラインの場合は、こちらで対象を決めて、その対象となる人たちの目に触れるように広告しなければなりません。

これが一番の違いです。

例えば運動施設があって、そこに通ってくる顧客を対象とするのであれば、年齢・性差・時間帯はデータがあるはずですし、見ることが出来なければ、スタッフに聞く、顧客に聞くことが出来ます。

但し、そこに通っている顧客のみ……と言うことです。集客の上限が見えるはずです。

オンラインでの場合は、商圏は広く、バズれば1回で100人も夢ではありません。

しかし、ターゲットに応じてプラットフォームを変える必要がありますし、あなた自身を知ってもらうための「なにか」が必要になります。

今、あなたが働く場所では、何となくでも「あなた」という人を知っている人がいますが、オンラインではよほどのポジションを持っていない限り、知ってもらうための努力が必要です。

これらのことを含めて、「戦略」を考える必要があります。

  • あなたはどんな人?
  • どんな仕事をしてきたの?
  • 何が出来るの?
  • 何を教えてくれるの?
  • どんな結果が出せるの?

これらについて発信していく必要があります。ですが、毎回告知・集客の投稿では、なかなか人は見てくれません。

あなたのターゲットが気にしていることや、興味のあることを題材に記事にし、あなた自身に興味を持ってもらう。人は、自分の興味の無い人の講座や、レッスンを受けようとは思いませんからね。

SNSでの何気ない投稿も、しないよりはマシですが、あなたが何者で、何を得意としていて、何を顧客に与えることが出来るのかを明確に伝えていく為にも、あなたがその道の専門家であることを、記事を書くことで証明していくのです。

またあなたが勝負するためには、あなたのオリジナルプログラムはどのような結果をもたらす物であるかを明確にしましょう。2次的、3次的な効果では無く、何に対してどのような効果をもたらすのかが必要です。

最近の顧客動向は、「自分の目的」にあった指導を求めてきます。もちろん、結果が伴わなければ、いくら集めても顧客離れしていきます。

オリジナルプログラムが明確に答えを出せなければ、顧客をいくら集めてもいずれは離れる……。

まずは、あなたの得意とするカテゴリーの運動で、結果を出せる「オリジナルプログラム」(武器)を持つことです。

あなたのオリジナルプログラムが出せる結果を、誰が望んでいるのか?これがあなたの顧客となるべき人です。

これからは漠然と「健康」「痩身」「機能改善」では、顧客は集められません。もっと具体的に結果を打ち出すことが必要です。

今一度、あなたが売っていきたいと考える「オリジナルプログラム」を検証しましょう。

近いうちに、私の講座でオリジナルプログラムを作るための講座を再度開きます。ご興味のある方は是非ご参加下さい。

このサイトでお知らせいたします。

ABOUT ME
池田 扶実子
運動指導者でありながら、身体を動かすことよりも考えることが好き。やりたいことを形にすることが大好き。 運動指導者として35年以上・教育者として30年、ここまでがむしゃらにやってきました。 仕事を終えるその日まで、指導者の働き方改革と人々の健康を発信し、応援し続けます。