健康増進

暑さ対策

快適に動ける体作りのお手伝いをする、平田智子です。

ここ最近、6月なのにこんなに暑かったかな?と思うような気温になっています。
紫外線の強さも断然に強くなっていると実感します。さて、そのような状況で油断してはいけないのが熱中症です。
この夏はマスクをはずすことができるかもと思いましたが、やはりまだ時間はかかりそうですね。

厚生省によると次の通りです。
<屋外>
○マスク着用を推奨
他者と身体的距離(2m以上を目安)が確保できない中で会話を行う場合のみです。
○それ以外の場面については、マスクの着用の必要はありません(例:公園での散歩やランニング、サイクリング/徒歩や自転車での通勤、屋外で人とすれ違う場面)
特に夏場については、熱中症予防の観点から、屋外でマスクの必要のない場面では、マスクを外すことを推奨します。
<屋内>
○他者と身体的距離が確保できて会話をほとんど行わない場合(例:距離を確保して行う図書館での読書、芸術鑑賞)のみ。
○それ以外の場面については、マスクの着用を推奨します。
【厚生厚生労働省ホームページ引用】

このマスクをつけることにより取り込むことのできる酸素が少なくなったり、少しの面積ですが熱の放出をさまたげるなど息苦しさを感じることがあると思います。

気がつけば熱中症になっていることもあります。マスクの有無もメリハリをつけて暑さ対策も積極的に行い、暑い夏を乗り切りましょう。

ABOUT ME
平田 智子
気がつけば、運動指導が30年以上続いており、自分でもびっくり。その間に怪我も体験し、健康のありがたさを実感しました。水中、陸上の両方で「いつまでも快適に動ける体を!」をモットーに、体づくりをサポートさせていただいています。